院長 西田拓司

院長 西田拓司

もともと、小さい時は体が弱くアトピーや喘息でずっと病院通いばかり。
小学校に入るころには少しはましになっていましたが、それでも学校はよく休んだものでした。

小学校高学年になると好きな女の子ができました。
ただその子は喘息でいつも体育の授業は休んでいて、子ども心ながらとてもかわいそうで何とかしてあげたいなと思い医師という職業に憧れました。

家はごくごく一般的なサラリーマン家庭。それでも、自分から医学部を目指すことにしました。
高校時代には医療ドラマなどの影響で外科医を目指すようになりました。

大学入学後、環境変化もあり子供のころに治っていたアトピー性皮膚炎が悪化してしまいました。
最初は普通の病院で治療していましたが、どんどん悪化する恐怖から、西洋医学はもちろん西洋医学以外の病気の治し方や人生について一生懸命勉強して病気を治しました。

体調を戻し、医者になった後は、総合内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科とわたり歩き、その最先端と、どこからが今の西洋医学の限界なのか次第に見えてくるようになってきました。
そしてあるとき、今の病院の治療では慢性患者さん達がいつまでたっても完治しないこと、幸せそうではないことに気付いたのです。


また、負担のかかるような治療でも、患者さんに勧めなければいけないことにも気づきました。

病気を治すのも大切だけど、その人の人生そのものを変えたい。
誰しも楽しくて幸せな人生を求めて生きているはずです。
そのサポートができる医者になりたい。それが、昔も今も変わらぬ思いです。

院長あいさつ

学歴

2000年 私立清風南海高等学校卒業
2006年 和歌山県立医科大学医学部医学科卒業

経歴

2006年~ 同仁会 耳原総合病院 内科(研修医)
2008年~ 耳原総合病院 総合内科
2010年~ 耳原総合病院 循環器内科
2014年~ 大阪府立呼吸器アレルギー医療センター(現大阪はびきの医療センター) 呼吸器内科・肺腫瘍内科
2018年~ 和泉市立総合医療センター 総合内科・救急科(非常勤)

資格

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医 

その他

緩和ケア研修会終了者